ハリネズミの飼育グッズ

ハリネズミの床材選び|8種徹底比較!

・このページでは……

☆床材選びのポイント
☆床材8種の特徴とポイント
    がわかります!

床材選び5つのポイント

①ハリネズミとの相性

床材は自分が飼っているハリネズミに合っているかが一番のポイントです。

アレルギーの有無歩きやすさ掘ったりかじったりする子かなど、自分の飼っているハリネズミの習性や特徴と床材が合っているか、まずはチェックしましょう。

②吸水性

ハリネズミはトイレの場所を覚える子と覚えない子がいます。

また、回し車をすると排泄がさかんになるため、床が排せつ物で汚れることがほとんどです。
そのため床材は吸水性の高いものを選ぶと衛生が保てます。

③コスト

床材は衛生面を保つため、汚れたら取り替えるのが基本。
毎日使うものなので、コストパフォーマンスも考慮します。

いくつかストックがあると安心なので、入手のしやすさも決め手となります。
ペットショップやネットなど、購入先を決めておきましょう。

④消臭力

ペットを飼うと気になることのひとつがニオイ
ハリネズミ自体はそこまで臭いませんが、床材に糞尿がたまっているとニオイが気になります。

消臭力の高い床材を使うことで、気になるニオイが解消されます。

⑤掃除のしやすさ

床材は頻繁に取り替えるので、掃除のしやすさもポイントです。
出るゴミの量や分別の仕方などもチェックしておきましょう。

床材8種徹底比較!

それぞれの床材のメリットデメリットも踏まえ、それぞれのおすすめポイントをご紹介します。

どの床材が自分のハリちゃんに合うか、要チェックです!

キッドくん
キッドくん
おではウッドチップペットシーツを合わせて使ってるよ!



ウッドチップ

吸水性    
コスト    
消臭力    
掃除のしやすさ

いわゆる「おがくず」です。
ハリネズミは針葉樹でアレルギーを起こしやすいとされているので、必ずポプラなどの広葉樹を選びましょう。

ちなみにキッドくんは白樺広葉樹チップを使っています。

吸水性もよく、色が濃く変わるので尿も見つけやすいです。
ほのかな木の香りで糞尿のニオイもあまり気にならないので◎!

ただウッドチップは大抵圧縮されて販売されているため「ほぐす」作業が大変です。
ほぐすと粉も出てくるので、ザルで粉を振るう必要があります

コーン・クルミリター

吸水性    
コスト    
消臭力    
掃除のしやすさ

トウモロコシの穂軸やクルミの殻を粉砕して作った天然素材です。
アレルギーがでにくいのもポイント。

見た目もよく、歩くとザクザク音が鳴るのでハリネズミの活動がわかりやすいです。
粒は大粒の砂くらいで、食べても安全とされていますが、頻繁に口にしてしまうようなら使用をやめましょう。

粒が性器についてしまうことがあるので、注意してみてあげてください。


紙タイプ(猫砂系)

吸水性    
コスト    
消臭力    
掃除のしやすさ

古紙でできた大きめの粒で、吸水性と消臭力に優れています。

粒が大きいので掃除も比較的楽ですが、紙の色によっては尿をしたかわかりにくいため白を選ぶのが無難かもしれません。

ただ粒が大きいのでハリネズミにとっては少し歩きにくいです。

ペットシーツ

吸水性    
コスト    
消臭力    
掃除のしやすさ

吸水性がよく、尿や糞をしたのが一目でわかります
掃除も簡単なので、こまめに掃除ができ衛生面も安心。

ただペットシーツによって繊維がハリネズミの爪に引っかかったり噛んだり掘ったりする子とはあまり相性がよくありません。

テープで留めてめくれにくくする、他の床材と合わせて使うなど工夫が必要です。

牧草(チモシー)

吸水性    
コスト    
消臭力    
掃除のしやすさ

牧草はうさぎの餌として売られているものが一般的。

吸収性も消臭力もほとんどないため、牧草単体での使用はおすすめしません。
長めの牧草はハリネズミの足にからまり、歩行の妨げになるので要注意!

とにかく安くて入手しやすいので、普段の床材の代用として一時的に使うなら役立ちます。

おからタイプ(猫砂系)

吸水性    
コスト    
消臭力    
掃除のしやすさ

おから素材なので万が一口にしてしまっても安心です。
おしっこでもろもろ崩れるタイプと固まるタイプがあります。

掃除の際細かい粉が多少こぼれますが、吸水、消臭力は高めです。
湿気に弱くカビやすいため、衛生管理には気をつけましょう。

新聞紙

吸水性    
コスト    
消臭力    
掃除のしやすさ

細かくちぎったものを使用するので、ちぎる手間がかかります。

新聞紙のインクは植物性のため、万が一舐めてしまってもそこまで心配いりません。
ただ、インクがお腹につくなど体を汚してしまう恐れがあります。

コスパは言うまでもなく◎
床材がなくなったときに代用で使うくらいが丁度いいでしょう。

吸水性    
コスト    
消臭力    
掃除のしやすさ

ほつれにくいフリースなどの布がベスト。
汚れやすく衛生面的にはあまりおすすめできません。

かじるクセがある子は使用を控えましょう。

他の床材と合わせる、慣らすために飼い主のニオイがついた布をいれるなど
ポイント的に使うのが適切です。

床材はハリネズミの生活に欠かせない必需品です。
毎日使うものだからこそ、ハリネズミが過ごしやすいものを選んであげましょう!

合わせて読みたい!