ハリネズミについて

ハリネズミを迎える方法は?ペットショップ、ブリーダー、里親の違い

・このページでは……

☆ペットショップから迎える方法
☆ブリーダーから迎える方法
☆里親として迎える方法
☆ハリネズミの健康チェックの仕方
がわかります!




ペットショップから迎える

メリット

・気軽に立ち寄れる店舗が多く、何度も足を運べる

・飼育用品を一緒に購入できる

デメリット

・ハリネズミに詳しいスタッフばかりではない

・出身地や誕生日、病歴などが不明な場合がある

ハリネズミを迎えるのは、エキゾチックアニマルを扱うペットショップからが一般的。

ただペットショップだったらどこでも安心かというと、残念ながらそうではないのが現状です。

ハリネズミはまだペットとしての歴史が新しく、ショップのスタッフ全員がハリネズミに詳しいわけではありません。

ペットショップでハリネズミを迎えるときは、下記の点をよく確認しましょう。

衛生面

多少のにおいはどこのペットショップにもあるものです。

しかしひどい悪臭が漂う、極端にハリネズミが汚れている、エサや飲み水が汚れているなど不衛生なショップは避けるのが無難です。

飼育環境

ハリネズミは単独生活をさせるのが基本です。
一つのケージに複数のハリネズミが飼育されている場合、ケンカをして体を傷つけたり妊娠してしまったりする恐れがあります。

また乱暴に扱われる、店内の騒音がすごいなど、ハリネズミが恐怖心を抱くような環境になっていないかチェックが必要です。

ショップスタッフの知識

ペットショップは法律に基づき、購入希望者に対象となる動物の状態を見せ、書面をもって特性や健康状態、飼育方法を直接説明する義務があります。

その際、これらの項目は特にしっかり説明を聞きましょう。

・生年月日 ・性別 ・生産地   ・輸入年月日 ・体重  ・病歴
・離乳時期(母乳の有無)         ・使用している床材やエサ

確認事項はこちらの記事に詳しくまとめていますので、合わせてご覧ください。

ハリネズミを迎える前に必ず聞いて確認しておくこと 販売元に確認すべき事項 ショップでは動物管理愛護法に基づき、販売前に動物の健康状態や飼育方法を説明する義務があります。...

また、販売されているハリネズミが生後2~3か月など小さい場合、特に離乳時期や母乳で育っているかをしっかり確認しましょう。

ハリネズミの離乳時期|母乳飼育の大切さ 母乳はいつまで飲むの? 一般的に生後6~8週になると、母子分離を始めてよいとされています。 生後...

ブリーダーから迎える

メリット

・輸入ストレスがなく、離乳まで母親と一緒に過ごしている

・ハリネズミの飼育の知識があり、アフターフォローも充実しているところが多い

デメリット

・数が少ないため、近場で見つからないことが多い

・飼育用品を自分で探し、用意する必要がある

ブリーダーはハリネズミに対する確かな知識を持ち、繁殖元もはっきりしているため安心感があります。

しかしハリネズミを扱うブリーダーが国内にまだ少ないのが難点です。

ブリーダーをするには自治体へ「動物取扱業」の届け出が必要になります。
動物取扱業の登録を行う際は、「動物取扱責任者」の資格がなくてはならず、この資格を取得するための条件も定められています。

ブリーダーからハリネズミを迎えるときは、これらの基準を満たしているかしっかり確認しておきましょう。




里親として迎える

メリット

・行き場をなくしたハリネズミを救うことができる
・費用があまりかからないことが多い

デメリット

・持病やけがなどの情報を隠されていることがある
・一度誰かに飼われているため、慣れるのに時間がかかる場合がある

里親は、家庭で繁殖させて里親募集をしている人から譲り受ける場合と、ネットの募集から譲り受ける場合があります。

家庭繁殖の場合

ブリーダーという職業につかず、家庭で繁殖したハリネズミを里親に出すケースがあります。

ブリーダー同様、両親がはっきりしていて母乳で育っている点は安心できますね。

しかし有償、無償関係なく一定以上の頻度で営利目的として動物を扱っている場合は「第一種動物取扱業」の登録が必要です。

家庭繁殖の方から譲り受ける場合はこちらも確認しましょう。

ネット募集の場合

近年、里親募集サイトでハリネズミの里親を探す人が増えてきました。

募集サイトは匿名のため、ハリネズミの病歴や月齢などを偽って投稿する人も少なからず存在します。
募集要項をよく確認し、事前に個体や飼育環境を写真で見せてもらう等して募集主と信頼関係を築けるようにしましょう。

また、ネットで里親募集をする場合は原則生態販売は禁止となっているため、ハリネズミ自体は無償譲渡となります。
飼育用品や医療費などその他にかかる費用については、事前に募集主と話し合って決めておく必要があります。

またペットが安全に譲渡されるよう、多くの里親募集サイトで「譲渡契約書」の取り交わしが義務化されています。
これらを無視し、金銭を要求してくるなどの違反行為をする人からの譲渡は絶対に避けましょう

ハリネズミの健康チェック

迎えたいハリネズミがいたら、購入する前にその場で必ず健康状態を確認しましょう。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ハリネズミの健康状態をチェックしよう|呼吸や歩行、食欲や体重は? ハリネズミは体調の悪さを言葉で伝えられず、具合が悪くてもそれを隠してしまうケースがあります。 そこで大切なのが日々の健康チェッ...

ここまでハリネズミを迎える方法をご紹介してきました。
最後に一つ伝えたいことは、ハリネズミを迎える決め手を「安かったから」だけにしてほしくないということ。
安いからといってぞんざいに扱っていいわけではありません。
どのハリネズミも命の重さは同じです。ハリネズミを迎えたら、最後まで責任を持って愛情いっぱいに育ててあげたいですね。

合わせて読みたい!